-->

安全への取り組み

Safety initiatives

安全への取り組み

事故発生件数0件を目標に様々な取り組みを行っています。

◆安全保護具の着用・安全機材の使用
安全保護具を確実に着用し、作業時は安全機材を使用しています。また不安全な作業による事故及び怪我のリスクを最小限に抑え、安全最優先で作業を行っています。
◆啓発活動
社内に安全推進委員会を設置し、同委員会を中心に、次の活動を行っています。
<事故防止啓発>
不安全作業防止啓発、体調管理の啓発、悪天候時の注意喚起などについて、毎日、メールを配信しています。また事故発生時は、発生内容の大小に関わらず、遅滞なく全従業員へ通知し、発生した原因などの情報を共有することで、再発防止に努めています。
<作業監査>
毎月、ランダムに選択した納品現場にて、作業監査を実施し評価しています。評価結果は、即日従業員へ報告し、指導しています。
<社内研修・ミーティング>
社内にて安全にかかる講習会や実技研修会を企画し、安全意識の向上を図っています。
【安全ミーティング(毎月)】
交通KYT、法令正誤問題、弊社で発生した事故事例にてKYTを実施しています。
【安全運転講習会(年2回)】
外部講師を招いて、安全運転をテーマに勉強会を行っています。
※この他、「安全運転実技研修会」や「フォークリフト実技研修会」などを行っています。

安全保護具の着用・
安全機材の使用

フルハーネス型墜落制止用器具

胴ベルト型墜落制止用器具

セーフティーブロック

スタンション

作業台

輪止等

啓発活動

安全運転講習会

職長・安全衛生教育講習会

安全運転実技研修会

フォークリフト実技研修会